クランプスジャパン オフィシャルサイト 
クランプスジャパン
オフィシャルサイト 
Krampus JAPAN

クランプスとの出逢いはきっと、あなたを幸せにするだろう。

クランプスは聖ニコラウスの付添い人でヨーロッパのクリスマスに
欠かせない存在。子供達の永遠の幸せを願って繰り広げられる
恐怖のパレードは、人々を震え上がらせる。

 
 
クランプスは、ヨーロッパ中部の伝説のモンスターたちであり、その不気味な存在は、見るからに恐ろしい風格ながらも、実は心優しい聖ニコラウスの付添い人で、悪い子を正す役割を果たすというミッションがあります。異教の悪魔を信じていたヨーロッパの人々は、冬になると自ら悪魔の姿となり鈴や鐘を鳴らしながら悪魔を追い払おうとしたことから、亡霊の群を表すクランプスの伝統が生まれました。聖ニコラウスが訪れる12月6日頃は、亡霊にまつわる行事が最も集中する時期です。そのため、いつのまにか亡霊が聖人の付添い人として考えられるようになりました。ドイツの古い伝承では、サンタは双子の設定で、一人が良い子にプレゼントを配り、もう一人は黒と茶色の衣装を着て、悪い子におしおきしてまわると言われています。そのクランプスは、オーストリア中東部、ドイツ東南部のバイエルン州、ハンガリー、ルーマニア北部のトランシルヴァニア地方において、クリスマス・シーズンの間に、聖ニコラウスに同行する行事として、国民誰からも親しまれ、白銀のモンスターとして愛されています。
 

クランプスは聖ニコラウスの付添い人で
ヨーロッパのクリスマスに 欠かせない存在。
子供達の永遠の幸せを願って繰り広げられる
恐怖のパレードは、人々を震え上がらせる。

 
 
クランプスは、ヨーロッパ中部の伝説のモンスターたちであり、その不気味な存在は、見るからに恐ろしい風格ながらも、実は心優しい聖ニコラウスの付添い人で、悪い子を正す役割を果たすというミッションがあります。異教の悪魔を信じていたヨーロッパの人々は、冬になると自ら悪魔の姿となり鈴や鐘を鳴らしながら悪魔を追い払おうとしたことから、亡霊の群を表すクランプスの伝統が生まれました。聖ニコラウスが訪れる12月6日頃は、亡霊にまつわる行事が最も集中する時期です。そのため、いつのまにか亡霊が聖人の付添い人として考えられるようになりました。ドイツの古い伝承では、サンタは双子の設定で、一人が良い子にプレゼントを配り、もう一人は黒と茶色の衣装を着て、悪い子におしおきしてまわると言われています。そのクランプスは、オーストリア中東部、ドイツ東南部のバイエルン州、ハンガリー、ルーマニア北部のトランシルヴァニア地方において、クリスマス・シーズンの間に、聖ニコラウスに同行する行事として、国民誰からも親しまれ、白銀のモンスターとして愛されています。
 

彫り師 イメージ

 

クランプスに新たな魂入れをする彫り師の情熱が、真のリアリティーを創り上げる。

クランプスの仮面は木製。彫り師によって顔のリアルな輪郭を彫っていきます。極めて繊細なその作業には多くの時間が費され完成に至ります。クランプスの特徴として太く長い角が挙げられますが、それらは全て本物のヤギの角を移植。また、髪の毛や衣装も本物の獣から取ったもの。勿論、クランプスの名前の由来になっている鉤爪のついたグローブも本物。工房は独特の獣臭の漂う空間。彫り師が求めるのは、昔から継承されているリアリティー。だから迫力が違うんです。
 

彫り師 イメージ

 

クランプスに新たな魂入れをする彫り師の情熱が、真のリアリティーを創り上げる。
 
クランプスの仮面は木製。彫り師によって顔のリアルな輪郭を彫っていきます。極めて繊細なその作業には多くの時間が費され完成に至ります。クランプスの特徴として太く長い角が挙げられますが、それらは全て本物のヤギの角を移植。また、髪の毛や衣装も本物の獣から取ったもの。勿論、クランプスの名前の由来になっている鉤爪のついたグローブも本物。工房は独特の獣臭の漂う空間。彫り師が求めるのは、昔から継承されているリアリティー。だから迫力が違うんです。
 

クランプスの歴史 イメージ

 

クランプスだけで分厚い図鑑ができるほどファミリーは増殖し続ける。

クランプスの歴史は深海のごとく神秘に満ち溢れています。ヨーロッパ圏では幅広くクランプスやそれに似たモンスターが存在し、ドイツやオーストリアでは当たり前のような存在。毎年、アーティストにより新たなクランプスが誕生しています。その歴史を紐解く専門書には争いや宗教、人種などを超えて人々に愛され、恐れられ、そして、身の毛もやだつ歴史のベールに包まれたクランプスの存在を知ることができるでしょう。クランプスは恐怖顔のイメージが先行して話題になっていますが、それだけではないことが海外の文献で手に取るようにわかります。

クランプスの歴史 イメージ

 

クランプスだけで分厚い図鑑ができるほどファミリーは増殖し続ける。
 
クランプスの歴史は深海のごとく神秘に満ち溢れています。ヨーロッパ圏では幅広くクランプスやそれに似たモンスターが存在し、ドイツやオーストリアでは当たり前のような存在。毎年、アーティストにより新たなクランプスが誕生しています。その歴史を紐解く専門書には争いや宗教、人種などを超えて人々に愛され、恐れられ、そして、身の毛もやだつ歴史のベールに包まれたクランプスの存在を知ることができるでしょう。クランプスは恐怖顔のイメージが先行して話題になっていますが、それだけではないことが海外の文献で手に取るようにわかります。

なまはげ イメージ

 

秋田のなまはげの起源はクランプス?

ご存知、秋田県男鹿半島のなまはげとクランプスは出で立ちも目的も似ていると言われていますが、なまはげが生まれるずっと昔に遡りクランプスがヨーロッパに存在していたことから西洋の仮面をつけた祭りや儀式の文化が海を渡って日本にやってきた、つまり、なまはげの起源はヨーロッパのクランプスなのではという言われもあります。世界各国にある祭りを調べると、多くの共通点やまた相違点などもあり、興味深い歴史にふれてみるのもクランプスの楽しみ方の一つと言えます。

なまはげ イメージ

 

秋田のなまはげの起源はクランプス?
 
ご存知、秋田県男鹿半島のなまはげとクランプスは出で立ちも目的も似ていると言われていますが、なまはげが生まれるずっと昔に遡りクランプスがヨーロッパに存在していたことから西洋の仮面をつけた祭りや儀式の文化が海を渡って日本にやってきた、つまり、なまはげの起源はヨーロッパのクランプスなのではという言われもあります。世界各国にある祭りを調べると、多くの共通点やまた相違点などもあり、興味深い歴史にふれてみるのもクランプスの楽しみ方の一つと言えます。

なまはげ イメージ

パレードを彩る名物ツリーは約4mの高さを誇る 

日本のクリスマスに新たな息吹を

クランプスは昨年までに3回のクリスマスパレードを実施しました。発祥の地オーストリアで毎年行われているクランプスのクリスマスをできるだけ忠実に再現しながらも、日本ならではの楽しいクリスマスイベントに発展させるスタイルを考え、板橋の志村坂上商店街パレードをきっかけに、今、大きく羽ばたこうとしています。たくさんのクランプスジャパンのサポートメンバーのみんなの力で生まれた異文化コミュニケーションの場。その楽しさを、もっともっと多くの人に知ってもらいたいという願いで新たにスタートしました。
クランプスジャパンの活動詳細はこちら

なまはげ イメージ

パレードを彩る名物ツリーは約4mの高さを誇る 

日本のクリスマスに新たな息吹を
 
クランプスは昨年までに3回のクリスマスパレードを実施しました。発祥の地オーストリアで毎年行われているクランプスのクリスマスをできるだけ忠実に再現しながらも、日本ならではの楽しいクリスマスイベントに発展させるスタイルを考え、板橋の志村坂上商店街パレードをきっかけに、今、大きく羽ばたこうとしています。たくさんのクランプスジャパンのサポートメンバーのみんなの力で生まれた異文化コミュニケーションの場。その楽しさを、もっともっと多くの人に知ってもらいたいという願いで新たにスタートしました。
クランプスジャパンの活動詳細はこちら